最近のトラックバック

« 今日の作業BGM | メイン | 今日の作業BGM »

2008年10月16日 (木)

Edy導入

20081016_edy 電子マネー“Edy”を導入しました。
小銭対応しなくて良いのはやっぱり楽ですね。

スルッとKANSAIカード、Jスルーカード、図書カードそしてQUOカードと、
私は元々磁気プリペイドカードを沢山持ち歩いていました。

2006年6月11日にPiTaPa導入を行い、
財布からスルッとKANSAIカードとJスルーカードが姿を消しました。
しかし、それ以降も図書カードとQUOカードは長い間使用していました。

電子マネーの導入を見送っていたのは、
PiTaPa1枚で済むのならそれで終わらせたいと言う思いがありました。
しかし、PiTaPaは一向に広がる気配をみせません。
お財布ケータイにすら成りません。
そこで、漸く見切りを付けたと言う訳です。

使用してみましたが、磁気プリペイドカードよりも遥かにレジ時間が短くなりますね。
正直な話、磁気プリペイドカードは“普通に小銭を遣り取りした方が早かったんじゃないか。”と思う事が多々ありました。
しかし、Edyは確実にこちらの方が早いと断言出来ますね。
携帯電話を取り出して台に置く作業と、ポケットから財布を取り出して財布の口を開ける所までが大体同じ時間です。
片や金銭遣り取りの手配が出来ていて、片やお金にすら手を掛けていません。
払うお金をどれだけ単純化しても、店員のレジ操作がどれだけ早くても、お金を取り出す前に終わられては流石に勝てません。

また、残量がいつでも確認出来るのは良い事ですね。
磁気プリペイドカードは大まかな残量しか分からなかったので、
“足りないかな?”と2枚目を用意している事が有ったのですが、その対応も必要無さそうです。

図書カードとQUOカードが財布から消える日も近いかもしれませんね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351525/16732794

Edy導入を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿