最近のトラックバック

« 今日の作業BGM | メイン | 今日の作業BGM »

2016年4月16日 (土)

マネー・ショート 華麗なる大逆転

20160416_money_short_kareinaru_daig


2016年5月2日 4時15分 作成
マネー・ショート 華麗なる大逆転を見てきました。

元々見ようと思っていたのですが、
上映開始日をメモるの忘れていた様で始まってたを知りませんでした。
公開開始から相当経ってましたが、
空き時間と上映時間がちょうど合ったので見てきました。
レイトショーと合わさって100席ぐらいのシアターに5人ぐらいでした。

がらがらなのに隅の席取るのはどういう意味があるのでしょうか。
中央ブロックの通路隣の席を取るのなら何となく分かりもするのですが、
端ブロックの壁側、
そして最後列で本当一番隅っこの席で視聴する人が居たりするんですよね。
寝に来てるんでしょうか。
温度調整された程よく暗い環境では有りますが…、有料空間ですよ!?
あの感覚は分からない。

私は中央ブロックのど真ん中に座りましたが、前方両隣空いてました。
前方はブロック端まで誰も座っていないし、
隣と言わずそのラインで座ってるの私だけでトイレ行くのも周りに迷惑掛け辛そうな
とても快適な視聴空間でした。

まぁ…そんな人が少ない状態でも
スタッフロール始まると同時に退場する人居たけどね。
何人見てるかよく分かってない状態で数人が退場したので、
明るくなったら私1人なんじゃないかと変な考えが浮かんでました。
明るくなった時は3人ぐらい居たかな、1人ではなかったのは確かです。

それじゃネタばれ有りの内容についての感想といきましょうか。

タイトルからして大逆転物ですので、もっと爽快感有る後味かと思っていたのですが、
なんとも言えない後ろめたさの残る終わり方でした。
どうもノンフィクションものは悲しい終わり方するものが多いですね。
流石に本人は死なないのですが、大団円って感じでは無いです。
予想してた最後は札束舞って豪華絢爛だったので大分外れました。

物語途中で難解用語に説明が挟まるのは、金融を題材にした物語の宿命でしょうか。
普段聞かないような用語だけれど使わずに物語を進めるのも難しいので大変ですね。
でも結構分かり易く説明してくれていたと思います。
特に単に説明文章だけを羅列や音読するのでは無く、出演者に説明させると言う形にしたのが頑張ってる感がありました。
多分このタイトルでこの映画を見に来る人はって事は大体知っている様な気がしなくもないですが、
知らなかったら分かるし知っていてもテンポが悪くならないギリギリの線を言ってると思います。

そう言えば金融関係全く知らない人、この作品見るのでしょうか。
全然知らないノンフィクション物を色々見てきて私が言うのもなんですが、
大体の背景を知らないとさっぱり分からない様な気がします。
知らなくても楽しめる造りだったのかは疑問です。
巨額の資産が動いているのですが如何せん巨額すぎるのと、
映像として現金が出てこないので数値ゲームっぽく感じるかもしれないなと思いました。

あの世界大恐慌の中でもやっぱり稼いでた人居たんだなと変な所で納得出来たので、見て満足出来ました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351525/33814525

マネー・ショート 華麗なる大逆転を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿