最近のトラックバック

プログラム Feed

2012年9月30日 (日)

分数電卓 -Fcalculator-(ver.2.1.0.0)

20120817_fcalculator_02000100
分数電卓Ver.2.1.0.0出来ました。
ダウンロードは下記依りどうぞ。
ファイルのダウンロード
自己解凍ファイルのダウンロード
説明書の観覧

続きを読む »

2012年8月17日 (金)

分数電卓 -Fcalculator-(ver.2.0.1.0)

20120817_fcalculator_02000100
分数電卓Ver.2.xを発表します。
Ver.1.xに届いていない機能が有るので微妙な出来ですが、
細かい事を言い出したらいつまで経っても発表出来ないので、
今発表します。

はい、しました、発表しました。
ダウンロードは下記依りどうぞ。

ファイルのダウンロード
自己解凍ファイルのダウンロード
説明書の観覧

その他のバージョン
分数電卓 -Fcalculator-(ver.2.1.0.0)
分数電卓 -Fcalculator-(ver1.7.0)

続きを読む »

2012年7月31日 (火)

TortoiseGitで証明書無発行のHTTPSにgit-svnする

20120731_git オンラインリポジトリサービスである
assemblaを以前から利用しています。

セキュリティ面に於いては、
GitではSSH公開鍵登録、
Subversionではhttpsスキームに対応しています。
TortoiseGitはSSH公開鍵認証に対応しているし、
TortoiseSVNはhttpsスキームに対応しているので、
Windowsから扱う上でも簡単にセキュア通信が出来ます。

が、TortoiseGitからgit-svnを使って
Subversionリポジトリにアクセスしようとすると上手くいきません。
これの解決方法が分かったので記事にしておきます。

続きを読む »

2012年5月14日 (月)

分数電卓2製作中

20120514_fcalculator2 分数電卓で結構面倒臭い処理の1つに表示処理がある訳です。
現在それを作成中だったのですが、
何時の間にかMathMLのレンダラーに成ってきました。
分数電卓の表示部としては、
複雑だったとしても帯分数程度なのでオーバースペックも良い所です。

続きを読む »

2012年4月15日 (日)

分数電卓2創り始めました

20120415_fcalculator2 一応ログ代わりに記事にしておこうと思います。
2012年3月15日頃から分数電卓のver2を作り始めました。

続きを読む »

2012年3月25日 (日)

eoblogでのgoogle-code-prettifyの利用

20120227_google
Image by http://icondock.com/
eoblogでgoogle-code-prettifyを利用する方法についてのメモです。
eoblogではbodyタグを改変する事が出来無い事に対する解消法と、
細々とした注意事項を纏めています。

続きを読む »

2012年3月19日 (月)

V8 JavaScript Engine を VS2010 でビルド(GYP版)

20120319a_v8engine01
V8 JavaScript Engineを使おうとVS2010でビルドし始めたら、
えらい迷ったのでビルドの仕方をメモしておきます。

V8 JavaScript Engineは2011年5月2日迄、
VS2005のソリューションファイルが付いていた様です。
しかしその日以降GYPと呼ばれるビルドシステムに移行した様で、
ソリューションファイルは提供されなくなっています。

GYP導入後に於けるVisualStudioに依るビルドですが、
まずGYPを使ってソリューションファイルを生成します。
そのソリューションファイルを使って、
VisualStudioでビルドする形になります。

続きを読む »

2012年2月27日 (月)

google-code-prettify組み込み中

20120227_google
Image by http://icondock.com/
eoblogは制限きついのですが、
google-code-prettifyを組み込めるかテスト中です。

0時55分 追記
1発で成功しました。 出来そうですので、追々スタイルシートやらを詰めて行きます。

3時45分 追記
一通り完成しました。 のちのち遣り方纏めます。

続きを読む »

2011年1月11日 (火)

operator newのオーバーロード

C++言語ではメモリ確保・解放の命令をハックしてユーザー処理する事が出来ます。
それが operator new、operator delete のオーバーロードです。

組み込み系でのメモリ管理は独自機構が多いので、
特に深く考えずにオーバーロードする事にしました。

続きを読む »

2010年12月19日 (日)

テクスチャの表示

20101219_test20101219 DirectXプログラミングです。
前回“三角形の表示”からかれこれ4年7ヶ月ぶりです。

前回は絵だけでしたが今回は実行ファイル形式です。
下のリンクからダウンロード出来ます。
test20101219.7z
特にユーザー入力とかは受け付けていません。
私が色々なPCにインストールして動作を確認する用です。

続きを読む »

2010年7月19日 (月)

分数電卓 -Fcalculator-(ver1.7.0)

20100719_fcalculator 御好意に依り、VisualStudio2010が手に入りました。
と言う事で、実に4年半振りに“分数電卓 -Fcalculator-”を、
バージョンアップしました。

ファイルのダウンロード
自己解凍ファイルのダウンロード
説明書の観覧

その他のバージョン
分数電卓 -Fcalculator-(ver.2.0.1.0)
分数電卓 -Fcalculator-(ver1.6.0)

続きを読む »

2009年2月13日 (金)

寿命管理シングルトン

シングルトンは便利なので色々な所で使いますが、
このデザインパターンを用いると消失タイミングに頭を悩ませる事が多々有ります。

一般的なシングルトンは2個以上生成しない様にする為の技法であり、
1個生成すると後は使い回しに依って2個目の生成を回避するのが基本的な設計です。
つまり2に成らない様に1で止める技法であり、1が0になる時の挙動管理はシングルトンの範疇では無いのです。
結果的に1から0に変化する時の挙動は管理されていないのでプログラマが自分で管理しないといけません。

さて、では1が0になる時の挙動を管理したい場合は何を用いるべきか。
簡単です、スマートポインタです。
寿命管理のプロフェッショナルです。

では、この2つの技法を合わせて寿命管理を併せ持ったシングルトンを作りましょう。

続きを読む »

2009年2月11日 (水)

C++で拡張メソッド

C#の拡張メソッドが常々羨ましく思っていました。簡単に言うとメンバ関数がクラス外から追加出来る機能です。
extern "C" {
    typedef struct tag_POINT {
        int x;
        int y;
    } POINT;
}
上記の様な既存の構造体が有ったとして、下記の様に記述出来れば拡張メソッドと言えます。
POINT point;
point.SetPos(3, 4);
C++は演算子(operator)こそ外部から追加出来るのですが、メンバ関数は外部から追加出来ないんですよね。
何とか成らないかなと考えていたら何とか成りました。

続きを読む »

2006年3月 6日 (月)

三角形の表示

Owwdyu3i
FPS・タスクシステム・入力と一通り終わりました。

次は“音関連のシステム構築かなぁ。”と、
思ってたんですが、ちょっとだけ画像表示やってみました。

もちろんライブラリ作って無いので、
直接DirectX叩きました。

一応、画面表示出来る程度までは出来たんでしょうかね。
パッド入力と画像出力が出来れば、
取り敢えずインタラクティブな物は作れるんですよねぇ。
作り易い難いは別として…。

頑張ろう。

2006年2月 9日 (木)

続FPS調整

前回、57fpsしか出なかったアプリケーションですが、
他のPCで試すと61fps等が出る事が分かりました。

幾つかのPCで動作させた所、下記の様に成りました。
2.4GHz 58.0fps
1.8GHz 60.5fps
1.6GHz 61.0fps
どうやらクロック数が下がるとfpsが上がる様です。

FPS調整はCPUクロックを元に計算していたので、
それの計算が間違っていたのでしょうか。

取り敢えず、再考決定です。
とは言うものの、
放ったらかしてキー入力に行きますけれど。

2006年2月 7日 (火)

FPS調整

かなり冷えた前回の土日に、
家に籠もってDirectXプログラミングしてました。

ウインドウ作成やDirectXの初期化は
手抜きながら完了しました。
一応、ウインドウモードでもフルスクリーンモードでも、
動作する物は完成しました。

まぁ、まだグラフィックボードの性能調べて、
それに合わせて表示するなんて高度な事をしてないので、
対応外グラフィックボードだと駄目でしょうね。

まぁ、そこらへんは適当です。
今、重要なのはFPSです。

PCゲームの多くは1秒間に60回、画面を書き換えます。
いわゆる60fpsです。
NTSC方式のTVが1秒間に60回、
画面を表示するのが由来です。

で、今作ってるシステムは57fpsで安定しています。
何処の計算が間違ってるのかなぁ。
有ってると思うんだけどなぁ。

2006年1月28日 (土)

DirectX 9.0 SDK

ようやくDirectX 9.0 SDKをインストールしました。

同僚KY氏が作成しているライブラリが、
動作確認出来るレベルにまで出来上がってきました。
流石に“もうそろそろ入れておいた方が良いのかな。”と、
思ったのでインストールしておきました。

でもなんか、DirectX8ベースで作ったので
DirectX9じゃあ動かないとかなんとか。
DirectX9入れた意味皆無ですねぇ。

まぁ取り敢えず、ミドルウェアに関係無く作れる、
算術ライブラリ作っておきました。

ってか、そろそろ根底ヘッダぐらい見られないんですかね。
2D座標型とか行列計算型とか勝手に作っちゃいますよ。

2006年1月 3日 (火)

分数電卓 -Fcalculator-(ver1.6.0)

分数電卓 -Fcalculator-が窓の杜ベクターそして、
Seesaa DOWNLOADで、ダウンロード出来るのに、
本家でダウンロード出来無いのは滅茶苦茶理不尽なので、
至急、用意しておきました。

ファイルのダウンロード
自己延伸式ファイルのダウンロード
説明書の観覧

その他のバージョン
分数電卓 -Fcalculator-(ver1.7.0)